屋外型トランクルームの2階部分にはどうやって物を運ぶのか

屋外型トランクルーム(コンテナボックス)は利用したいと思って調べていたら、2階建てのものを見ることもあると思います。

そこで思ったことは、

「階段がない」

ではないですか?

このような1階だけのトランクルームであればいいのですが、

2階部分のあるトランクルームもよく見ますよね。

どこを見ても階段が無いですね。

「シャッターはあるけど階段がついていないな…」

「いったいどうやって物を運び入れるのだろう?」

2階建てにすれば土地を有効活用できますが、使えなかったら意味がないですよね。ではどうするのかというと…

移動式の階段を使います。

ハシゴのようなものではなくて、土台のしっかりとした大きな階段です。キャスター付きで移動ができます。

このちらのような階段です。

敷地内に移動式の階段が用意されているので、それを保管庫の前まで持ってきて物を運びます。

移動はできるのですが、固定すればしっかりと安定するものなので重い荷物を運ぶときでも安心です。

一方で、固定の階段が設置されて2階部分も歩くことができるコンテナもありますよ。

※ハローストレージさんのWEBサイトから画像を転載しました

「2階部分に荷物を運ぶときにどうするの?」

この疑問は解けたと思いますが、ついでに知っておいてほしいことがあります。

利用するときのメリットと注意点です。

2階の保管庫を利用するときの注意点

荷物がかなり重い物である場合は、2階の保管庫の利用はやめましょう。

しっかりとした移動式の階段はあるのですが、あまりに重すぎるものを運ぶとなると危険なこともあるでしょうから、1階の保管庫のほうがいいですね。

まあ移動式に限った話ではなくて、固定された階段があるときも同じ話ですが。

運ぶものが軽いものであれば、ほとんど苦労なく出し入れすることができます。

2階の保管庫のメリット

2階の保管庫は使いにくそうですよね。

ただしメリットもありますし、むしろ2Fの保管庫のほうがいい場合もありますよ。

  • 料金が安い
  • セキュリティ面で安心

です。

まず一つ目のメリットは、2階のほうが出し入れに苦労する分、料金が安く設定されていることです。

とある物件の料金を見てみると、3帖のスペースで、

  • 1階だと18,000円
  • 2階だと9,900円

となってます。だいぶ料金が違いますね。

もう一つのメリットは、セキュリティ出し入れがしづらいので泥棒が物を盗もうとするときも大変だということです。

1Fでも施錠を忘れずにしていれば盗難に遭うことはまずないと思いますが、鍵を壊れて保管庫のなかのものを盗まれる…ということが起こる可能性は2階のほうがかなり低いですよね。

2階の保管庫のデメリット

デメリットをおさらいすると、

  • 出し入れに手間がかかる
  • 重い物は出し入れが大変だし危険なこともある

という点です。

かなり重い物を保管するときには1階を選ぶべきですね。とくに力があまりない方など無理して2階にするのはやめたおいたほうがいいです。

とはいっても場合によってはデメリットが消えることもあります。

いったん物を預けたら長期間出し入れすることがない場合、軽いものを保管する場合です。

長期間ずっと置きっぱなしにして取り出すことがほとんどないのでしたら、出し入れの不便な2階に保管しておいても関係ないですよね。

軽い物を運んで保管するなら2階でも問題ないです。

まとめ

2階の保管庫に物を運ぶときには、移動式の階段があります。自分でハシゴを持ってくるとかではないので安心してください。

大事なことはあなたの利用計画を考えて、運ぶのに少し手間がかかってもいいと思うのでしたら、2階を利用すれば安く利用できます。

このサイトでは、トランクルームの基礎知識や利用方法をまとめています。利用を考えているときにお役立てください。

参考記事 トランクルームの基礎知識や利用方法

またこちらの記事では、屋外型・屋内型のトランクルームをまとめています。こちらもぜひ参考にしてください。

参考記事 【おすすめ】自分で出し入れできる屋内・屋外のレンタル収納スペースを比較して紹介

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました